ロキオ観察日記

カナダ人夫との国際結婚ライフ

おしりファン

まだわたしとロキオが付き合いたての頃の話だ。

 

 

仕事帰りに、彼がわたしの家にやってきた。

「ボディソープないって言ってたから買ってきたよ~」

薬局でボディソープを購入するという行為でさえ、もう嬉しくてたまらないらしい。

満面の笑みで紫色の小さな(彼が持つとだいたいのものは小さく見える)ボトルを見せる。

付き合いたてとはそういうものだ。

 

 

夜中でしかもシェアハウスだったこともあり、入浴はさっさと済ませたいね、ということで一緒にバスルームへ向かう。

わたしは洗面台でメイクを落とし、彼は先にシャワーを浴びている。

シャワー室は狭いので、彼1人が入るともういっぱいといった感じ。

 

 

メイクを落とし終えたわたしは暇になった。

隣からはシャーっと水の音が聞こえる。

 

 

わたしはこっそり、シャワー室のカーテンを開けてみた。

気づかれないよう、慎重に開けた。しかしその5秒後、すぐにばれた。わたしが思わず吹き出してしまったからだ。

 

「Hey, What are you doing?!」

水がしたたっているのでよく見えない様子。きょろきょろしながら何だ何だと叫んでいる。

 

 

カーテンをあけると、彼の背中が目に入った。そして視線は自然と下へ(変態的な意味でなく、それほど印象的だったので…)

わたしを吹き出させたのは、彼のおしりだった。

 

彼は肩幅がとても広い。元々の体格と、さらに昔スイミングのコーチをやっていたこともあり、日本にいたらわりと目立つくらいにはでかい。

そのどーんとインパクトのある肩から、シュ~っと下にいくにつれて小さくなっていき、おなかのところで少しふくらみを取り戻すも、またさらに小さく・・

そしてなんとも可愛らしいおしりがちょこん、とついていた。

ほんとうに控えめに「すみません、こんな僕で(小声)」と言わんばかりに。

その意外性に力が抜けて、愛おしさも相まってついつい笑ってしまったのだ。

 

ここから(最初から?)全く誰得でもない詳細です。悪しからず。

おしり単体でみるとそんなに小さくはないのだが、全体的なバランスで見た時になんだか絶妙にぽてっとしていて、キュートなのだ。

そんなところにいたのか君は!という奥ゆかしさ。

 

その日から、わたしは彼のおしりのファンになった。

ふと気づけば彼ではなく、彼のおしりを目で追っている。

ふだんは某ベーカリーでマネージャー(店を取り仕切る人)をしているので、ジーンズを履いている。てきぱきと他の店員に指示を出したり、経営者と連絡を取り合ったりしているのを見ると、頼りになる男らしい店長感がある。

でもわたしは知っている。ジーンズの下にあいつがいることを。

 

 

昔のわたしは、野球選手のようなザ・ぷりケツ!にときめいていた。

あの時のリアクションが「はぁ~かっこいい(ピンクのため息)」ならば、

ロキオのおしりを見た時のわたしは「・・・(キュ、、キュン)!!」といったところか。

女はとことんギャップに弱い。

わたしはもう王道のぷりケツよりも奥ゆかしい小尻に心を奪われてしまっている。

まあ結婚している今、これくらいフィルターがかかっている方が今後ともいろいろと都合がいいので、よしとする。

 

 

 

暴走しすぎた。

 

本人は自分のおしりがこんなところに晒されているとは思ってもみないだろう。

彼が日本語を「読める」段階になるまでにはまだまだ時間が必要だろうから、今すぐに怒られることはない。よし。

これからも密かに彼の小尻を愛し続けていく所存。

 

 

PS.ちなみに今年7月、彼の妹も同じタイプのおしりを所有していることが判明(黒川温泉にて)。やっぱりおしりもDNAかーと思いましたとさ。

 

 

 

次回はもっとまじめに書きます。