ロキオ観察日記

カナダ人夫との国際結婚ライフ

男はみんないい男。ダメにしているのはあなたです。

自分の彼のことを悪く言ってしまう女性ってほんとうに多い。

 

 

「うちの彼、週末はごろごろしてテレビばっかり」

「旦那の稼ぎが悪くて」

「(他人の彼氏に対して)いいなぁ、〇〇ちゃんはかっこよくて優しい彼がいて」

 

こういう子もいる。

「わたしの彼、付き合ってすぐのころはすごく優しくておしゃれでかっこよかったんです。でも今は正反対。だらしないし、ちっとも優しくしてくれない。」

 

 

・・・みんなどんだけ棚に上げ子ちゃんなんだ!

必殺技なのかと思うくらい自分を棚に上げてものを言っている。

 

 

 

こういうのを聞くと、わたしは思う。

「その現実、100%あなたが作ってるよ!!!!」

そう、男をそうさせているのは、まぎれもなくあなたなのです。

 

 

わたしは何も、

 

「じゃあなに。女のキミはスタイル超抜群の美人で、毎朝彼のためにキャラ弁を作って笑顔で見送れるようなデキ女なのか?彼のことをそんなに言える立場なのかい?えぇ?!」

 

ということを言いたいのではない。

 

 

わたしが言いたいのは、

「あなたは彼の悪い部分をわざわざ見ている。そうすることを選んでいる。それを自ら自覚してほしい」

ということだ。

 

 

 

あなたの彼には「すばらしい面」がたーーーーくさんある。

 

「わたしの彼にはないです。」そんなことはあり得ない。

ないと思ってしまうのは、まだまだあなたの視野が狭いからだ。

彼に魅力がないと感じるのは、彼のせいではなくてそれを見いだせない女性側の問題だととらえた方がいい。

 

でもそれは今から変えられる。

今正直、自分の彼がどうしようもない奴だなと思っている人は、もっともっと、自分のパートナーに目を向けてほしい。「彼のいいところはどこかな?」と一度ゼロに立ち返って考えてみてほしい。よーく見てみたら、けっこうたくさん見つかるものだ。

だってあなたが選んだ男じゃない?付き合おうと決めた時、彼に少なからず魅力を感じていたでしょう。そこらへんに落ちてたダンゴムシと付き合ったわけじゃないでしょう。

「わたしが選んだ男なんだから、いい男に決まってる!」

そう思って、彼を見つめなおして見てほしい。

 

 

わたしのおすすめのやり方をシェアしてみよう。


最低週に1度、彼のいいところリストを作る

 →1か月後にリストをまとめたものを彼に送る(これは効果抜群)

彼にしてもらって嬉しかったことをメモする癖をつける

・感謝の気持ちはすぐ、且つ具体的に彼に伝える

・まわりの人に彼のいいところを言いまくる

 (何度もアウトプットすることで自然とそう思える思考回路になる)

どうしてもいいと思えないところは、なぜそう思えないのか深掘りする

※無理やりいい!と思い込むのではなく、少し視野を広げて「こういう彼の一面も受け入れていこう」と努力する。

 

 

 

わたしはこれを日常的にやり出してから、ロキオとの関係がさらによくなった。

 

よく、

「どうやったらそんな円満に夫婦関係を築けるんですか?」

という質問をいただく。

その一つの答えは、女性であるわたしの心構えにある。

 

 

ロキオだって、みんなが思う「完璧」では全然ない。

帰宅後はいつも仕事着を投げ散らかしているし、疲れた~が口癖だし、おなかはぷよぷよだし、幼稚園児みたいにくだらないことですぐ拗ねる。

 

でもわたしはそんな彼を完璧だと思っている。

わたしはいつも、彼の「いいところ」にフォーカスするよう意識しているから。

いいところに着目するようになるとわたしの言動も当然それに沿ったものになるから、彼をよく褒めるようになる。彼に優しくできるようになる。「ありがとう」を言う回数が増える。すると彼も嬉しいから、「いいところ」がどんどん伸びる。

いいところを考えている時間が長くなるので、時に彼の短所が見えても「まぁいいか」「そんな時もあるよね」って許せるようになる。

 

 

 

 

あなたの彼も、きっと完璧。

そうじゃないと思ってる原因は、実は自分にあるかも?

と自覚するところから始めてほしい。

 

 

男はみんないい男。

もっといい男に育てられるかはあなた次第です。