ロキオ観察日記

カナダ人夫との国際結婚ライフ

幸せは感じるもの。彼の洗濯ものをたたみながら思ったこと。

こんにちは。ゆかばんです。

自己紹介はこちらから。

 

だんだん温かくなってきた。

f:id:mrsvvann:20190329051805j:image

(春になると現れるタンポポ群)

 

その日は仕事がオフで、天気もよく気持ちがよかった。トロントもようやく春、という感じだ。

 

 

朝、ロキオが洗濯をしてくれていたようで「乾燥機のタイマーが鳴ったら取りこんでおいてね」とメッセージを残し、伸びた髪を切るため美容院へ出かけていった。

 

 

 

乾燥機から取りだした洗濯ものをわたしのものとロキオのものとに分け、ゆっくりたたむ。

 

f:id:mrsvvann:20190329050233j:image

 

するとどうしてだろう。

 

 

目の奥が熱くなってきて、

 

 

大切な人の洗濯ものをたたんでいること。

その人と一緒に暮らしていること。

誰に何を言われるでもなく、2人の自由な時間を持てること。

 

いろんな「事実」に対して、たまらなく幸せな気持ちになった。身体の奥底から湧き上がってくるみたいに、ほんとうに突然、幸せが溢れてきた。その瞬間、泣きそうになるくらい満たされた気持ちになった。

 

 

 

f:id:mrsvvann:20190329043734j:image

(いつか彼がくれたお花)

 

愛する人がいる。

愛する人が、わたしを愛してくれる。

そして今、わたしはその人の洗濯ものをたたんでいる。

 

2人とも健康で、

おまけに夢まである。

 

なんて幸せなんだろう。

これ以上何もいらないんじゃないかって思えるくらい。

 

 

 

 

部屋を見渡したら、1年前ここに引っ越してきた時のことを思い出した。

結婚してすぐは悲しいことや苦しいことがたくさんあって、ここに来た時は、やっと新たなスタートを2人で切れることに心が踊った。

 

あれから1年経ち、あたりまえになりつつあったこの部屋の風景(狭いー!と文句を言ったりもした)。

 

越してきたあの日、ここにいられることが嬉しくて嬉しくて寝る前に1人で泣いたっけ。彼のジーンズをたたむ手を止めて、ふとあの日のあの瞬間を思い出していた。

 

 

 

 

 

幸せって感じるものだ。

 

 

 

 

何かが当たり前になってくると、人はすぐに周りの状況に文句を言いはじめる。

 

「もっといい仕事に就けば、もっとお金があれば、もっと美しければ、わたしは幸せなはずなのに!」って。

 

 

でも違う。

 

自分が幸せかどうかは自分で今選べる。

どこに目を向けるか?向けたいか?

 

それだけだと思う。

 

 

 

 

ソファの上に、ロキオの黒いバッグが転がっていた。最近自分の夢のためにノートや本を持ってカフェへ行き、猛烈に何かを勉強している。

バッグの口から、「コーヒー大全」らしき分厚い本がのぞいていた。

外のポケットにはペン類が無造作に突っ込んである。

 

 

 

ああ、幸せってこういうことだ、と静かにおもった。

彼の夢を一緒に叶えたい。

叶えるところを見たいと強く思った。

 

 

 

 

そしてこんな風にも思った。

 

昔は欲しいとも思わなかったもの、手に入るわけがないと思い込んでいたものがたくさんあって、でも今そのいくつかが叶っている。

 

大切にしてくれる優しい旦那さんがいること。

海外で大好きな人たちに囲まれて生活していること。

応援してくれる家族がいること。

高くても、質がいいものを手にしたいと思うようになったこと。

自分の生き方を自分で決めようという意志を持てるようになったこと。

 

 

高校生のわたしは、こんなわたしを想像もしてなかっただろう。

気づけばたくさんのものを得た今がある。そして現在、あの時の自分が想像もできないようなものをわたしは望んでいる。

 

 

そんなわたしは、今間違いなく豊かで幸せだ。

 

 

 

 

 

 

今日のわたしの幸せ。

彼の洗濯ものをたためること。

彼のバッグにコーヒーの本が入っていること。

今夜家に帰ったら、おそらく「ねぇねぇ聞いて!」と今日の出来事を楽しそうに話すんだろう。それを楽しみに午後を過ごせること。

 

 

f:id:mrsvvann:20190329052939j:image

今日のあなたの幸せはなんですか?

 

国際恋愛あるある① 彼と付き合いだしてから習得した技

こんにちは。ゆかばんです。

 

 

 

「外国人と付き合うってどういう感じですか?」

 

と、よく聞かれる。

 

 

でもでも。わたしも実はみなさんに聞いてみたい。

そもそもみんなが持ってる国際恋愛・結婚へのイメージってどんなもの??

 

 

主食はポテトフライやピザ?

彼にロマンチックな言葉を毎日ささやかれる?

休日は現地の友だちとクラブやパーティへ行くの?

言葉の壁があって大変じゃない?

文化の違いっいうけど具体的に何?

 

 

こんな感じかな???(勝手に想像)

みんなは何を知りたいんだろう・・・?(真剣)

 

 

というのも、わたしはロキオと出会うまでカナダでボーイフレンドを見つけよう、ましてや外国の人と結婚しようなんてみじんも想像していなかった。

1年間の留学後はさっさと日本へ帰って働くつもりだった。

 

当時、今以上に頭がすっからかんだったわたしは、

「わーいカナダの生活最高~楽しい~!」

と、海外ハイ状態で日々を過ごしていた。

 

国際恋愛だの結婚だのの知識もなければ興味もそんなになかった、というのが正直なところだ。しかし気がづいたらカナダの人とお付き合いしていた。

 

ほんとHow did it happen?!って感じ。

 

日本にいる時は周りに国際恋愛・結婚をしている人がいなかったのもあり、それらへの関心が生まれる前に自分が当事者になってしまったという・・。

なので単純に、自分以外のみなさんが国際恋愛や国際結婚に持っているイメージを知りたいなーと思ったのだ。すげー気になる。ので、ぜひ教えてください。

 

 

 

 

ということで(?)今日から思い立って、

国際恋愛・国際結婚あるあるネタを書いてみることにする。

 

今でこそいろんなことが普通になってしまっているけれど、最近になってロキオとのあれこれを振り返ってみた時に「そういえばこれ日本にないかも?」という慣習や文化の違いみたいなものが見えてきたのだ。

それを今日から少しずつシェアしてみたい。

 

 

 

これはロキオと付き合いたての頃の話。

 

当時ばらばらのお家に住んでいたわたしたちは、仕事終わりに1杯だけ飲みに行き、その後ロキオがわたしをお家に送ってくれてバイバイするというルーティンができていた。

 

わたしの家へ向かうため、2人で電車を待っていた。

2人でプラットフォームに立っていると、彼が突然ほっぺに「チュッ」とキスをしてきた。

 

 

わたしはきっと、びっくりして目がまんまるになっていたと思う。

 

 

「チュッ」という音。

自然で爽快で心地よい音。

 

わたしは混乱した。

 

 

 

 

その音、どっからきた??????

 

 

 

 

説明がしづらいのだが、この音は唇が頬に触れる時に自然に起こる音ではないのだ。

キスする側が音を「作る」と言えばいいのか。

初めてロキオにされたとき、変な話これは彼が作り出している音だ!と感じたのだ。

 

よくアメリカ映画でお父さんが子どものほっぺにするアレなのだが、わたしは単にそういう音が自然とするものなのだと思っていた。でも違った・・・。

 

 

 

 

その日から、道行くカップルを観察し始めたわたし。

確かにみんな軽いキスをするとき、おそらくほぼ無意識的にこの「音を作る作業」をしている。

 

 

 

なんという高等テク。。。。。

わたしは途方に暮れた。

 

 

だってだって、唇と肌が触れるたった0.5秒くらいの間にそんな巧妙な技をこなしているのだ。しかもこの街にいるほとんどの人がその技を無意識に習得している。

みんなトランペット奏者なわけでもなかろうに・・・。

 

 

 

わたしはそれから、ロキオの広いパンケーキのような頬で音を出す練習を始めた。

 

 

「ブゥウオッ!!!」

「ブシャ!!!!」

「フ、ヒュ~」

「ポッ!」

 

 

なんとも可愛くない音たちがパンケーキ上で鳴り続けている。

 

 

「う~ん別に練習したこともないからどうやってって言われても・・・」

「っていうか練習している人を見たのも君がはじめてだよ(笑)」

 

 

困るロキオをよそに、わたしは必死に練習を続けた。

 

 

 

 

 

 

あの頃から3年半・・・

 

 

わたしはプロになった。

 

 

 

もういつ何時でもこの音を出せる。

謎に誇らしげなわたしを、ロキオは今も優しい目で見守り続ける。

わたしが近づくと、パンケーキを差し出す。

 

 

チュッ。(どやぁ~~~)

 

 

わたしの誇らしげな顔を見て、彼は楽しそうに笑う。

 

 

 

 

もちろん国や文化にもよるとは思うけど、少なくともここカナダでは挨拶がわりに「ただいま」や「おはよう」の時にしたり、ふと目があった時にしたり、日常のカジュアルな愛情表現として恋人同士や家族などの間で使われている。

 

 

 

 

国際恋愛を経験したみなさん。

この「チュッ」って音、最初出すのに苦戦した人多いのでは?

映画で観てると簡単そうだけど、実際は意外とできないもの。できたからどうってわけじゃないけど、でもできるとちょっと楽しい。

 

 

 

 

ではではまた更新します。

f:id:mrsvvann:20190310164015j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛スイッチ、入ってますか?(実践編)~楽しく恋を始める4つのコツ~

こんにちは。カナダ・トロント在住4年目のフリーランスフォトグラファー兼カナダ人嫁のゆかばんです。好きなもの。お茶、写真、夫、と人の思考の分析。

自己紹介はこちらから。

 

 

前回の記事「恋愛スイッチ、入ってますか(自覚編)」で、ギクッとしたあなた。

もう長い間、パートナーがいなくて悩んでいるあなた。

本当は一緒に笑いあえる恋人がほしいのに、心のどこかで諦めてないだろうか?

 

 

 

大丈夫。

今回は前の記事を踏まえて、恋愛スイッチをONにする具体的な方法シェアしていく

 

 

ちなみに。

スイッチをONにすることの恩恵は、

 

①勝手に恋のチャンスが巡ってくる

②出会いに積極的になれる

③艶や色気が出てくる

④対人スキルが格段に上がる

⑤何より自分が楽しい

 

スイッチの切り替え方を知るというよりは、ONにするやり方を習得してしまって、それを自分で意図的に使えるようにする。すると無理なく常にON状態を継続できるようになる(もはやOFFにする必要なし)。

そうすると、自然にチャンスが巡ってくるようになるのだ。

 

 

 

それでは、早速。あなたの恋愛スイッチをONにする方法。

 

 

1.外側からのアプローチで自分を高める

 

外見から攻めるのは、実はかなり効果的。

 

例えば、

普段は化粧品を薬局で済ませてしまうけれど、今日はデパートで美容部員さんのアドバイスを聞きながら少しいい口紅を1本買ってみようとか

おしゃれな友だちに付き合ってもらって、ワンピースを調達しにいくとか。

セクシーで可愛い下着を1着買ってみるとか。

 

 

ちょっとドキドキするけど、

でもなんだかルンルン楽しい気分になること。

小さなことでもいい。これをできる範囲でやってみる。

 

 

わたしも実は学生時代、恋愛に失敗してどん底から這い上がるために、この「今着ている皮をいったん脱ぎ捨てて新しい皮に着替える」っていう行動を無意識にやっていた。

 

やっぱり新しいもの身につけると理屈なしにワクワクするし、わたし無敵!って思えたりするものだ。

 

この感覚ってとっても大事で、女の子って特に、外側を変えることで心の持ちようまでいい方向に変えてしまうパワーがある。

女の子たちがお誕生日に口紅やメイク道具を贈り合うのも、「実用品でーす」っていうより「これで気分上げてね!」っていうニュアンスが強いと思う。

 

 

まずは自分が楽しめる形で、

外側をちょっと変えてみる。

けっこう効きますよ。

 

 

2.カテゴライズをやめる

 

新しい出会いがあった時、会って1日やそこらですぐに相手をカテゴライズしてしまう人は多い。

 

例えば、

この人いいかも♡恋人候補枠

普通or普通以下友だち確定枠

 

 

こんな風に。

そして恋愛下手な人、特に出会いがあっても友だち止まりでそれ以上なかなか発展しない人というのはこの友だち枠が異常に広く、恋人候補枠が異常に狭い。

会って早めの段階で人をすぐポイっと友だち枠に入れてしまうので、彼らの前で自分の女性的な側面を見せることもないし、さらにその「わたしたち友だちだよね」感が相手にも伝わってしまうので恋愛に発展しにくい。

その上、よっぽど一目ぼれでもない限り人を「恋人候補枠」には入れないので、初見の時点ではじかれてしまい友だち確定枠に入れられた者たちは、一生その枠から脱出できずに行き場を失う。

 

これはとてももったいない。

わたしからすると、せっかく相手がボール(可能性)をこちらへ投げようとしているのに、投げんなよぉ~投げんなよぉ~といちいち牽制しているようにしか見えない。

 

 

 

 反対に恋愛上手な人というのは、最初から相手にかなりの猶予を与えている。生理的に心がNO!と言っている場合を除いて、基本的に相手はみんな「友だちでもいいし恋人でもいい枠」に入る。

 

最終的に友だちになるか恋人になるか?というのは最初の時点ではあまり決めていなくて、「どっちになってもいいや~」という前提で両方に「女性として&人間としての自分」をさらけ出していく。

 

モテ女たちは、どんな相手に対しても好きになってもらう(又は自分が好きになる)猶予を多く与えているのだ。

 

 

3.相手に興味を持つ、長所を見つけて褒める

 

 3つめは、相手に興味を持つこと。その人の長所を見つけて褒めること。

個人的にこれが恋愛するうえで1番大事!!

基本的なことに聞こえるけれど、これができない人は非常に多い。

 

「恋愛したい~!」と言いながら出会いの場ですぐ携帯をいじったり、いつも話している人とばかり話したり、当たり障りのない会話だけを全員とまんべんなくしてしまったり。

心当たりはないだろうか。

 

 

新しい出会いがあったら、その人と今後どうなるかは一旦置いておいてまずは「この人はどんな人だろう?」という純粋な興味を相手にぶつけてみよう。

そしてたくさん質問をしてみよう。

 

この時できるだけ「その人の本質がわかる質問」をするよう心がけるのもカギ。

「何のお仕事してるんですか?」で答えを聞いて終わるんじゃなくて、「そのお仕事のどんなところが好きですか?」「なぜ好きなんですか?」という質問をする(これについては長くなるのでまた別記事に書くことにする)

 

そして、会話の中で「この人のいいところをたくさん見つけよう」と意識しながら会話してみる。どんな人にも長所があるものだ。

 

わたしは人と喋るとき「この人の長所をいくつ見つけられるか?」と考えながら会話したり、家に帰ってから実際にその人のいいところを書き出したりする。

 

 

そしてもう1つ。

会話中に見つけた長所は、その場で本人に言う

 

褒められて嫌な気分になる人はいない。恥ずかしくても「その場で言う」練習を重ねていると、だんだんスラっと言えるようになってくる。お世辞を言うのではなくて、素直にいいなと思ったことをそのまま口に出す感じだ。

 

ポジティブな気持ちにしてくれる相手に、人は無条件に好意を抱くものだ。

それが恋愛に発展する可能性は大いにある。

 

 

4.妄想力をつける

 

あの、みなさん、妄想してますか?(急)

 

あの人とデートに行って、公園のベンチに座って・・・

まっすぐ目を見つめられて「好きだよ」って言われたら?

 

友だちだと思ってたあの人から、突然キスされたら?

 

 

脳内お花畑な人ほど、実は恋愛上手です。

 

 

妄想が上手は人は、甘いムードのつくり方が上手。

もしくは突然相手がいつもと違う雰囲気を出してきた時もすんなりムードに乗れます。

 

いやぁ、自分がそんなことしているの想像できませんって人。

 

自分は石原さとみちゃん!自分はスカーレット・ヨハンソン!

つまり無敵だって思ったらどうだろう?

 

 

 

妄想は無料です。

しかも誰にも見られません。

 

 

 

妄想は自由な分、自分の自分に与える価値(=セルフイメージ)を高めてくれる。

自分自身の捉え方が変わると、それが言葉や所作や行動にあらわれる

そして結果的にそれがセクシーさや女性としての美しさに繫がったりする。

 

今は想像する相手が身近にいない人でも、芸能人でもモデルでも俳優でも誰でもいい。

危険な妄想でも大いにOK。むしろ危険な妄想してください。

電車でにやにやして下さい。

 

 

わたしも散々、人に言えないような妄想をしてきた。

歩いてるとき、自転車に乗っている時、夜寝る前。

昔から妄想力だけは長けていたと思う(笑)

脳内お花畑なので恋することそのものが楽しいし、恋してる自分も好きだった。

ちなみに今も全然する。

 

 

今日会った人、職場の人。

飲み会にいたあの人と。

もし恋愛したら?って考えてみよう。

 

 

え。イタくないそれ?って思う?

 

いい女たちはみんなやってますよ。

想像力は言葉や仕草に出ます。

想像力豊かな女性になりましょう。

 

 

 

 

 

恋愛スイッチをONにする方法をまとめると、

 

①外側からのアプローチで自分を高める

②カテゴライズをやめる

③相手に興味を持つ、長所を見つけて褒める

④妄想力をつける

 

 

 

恋愛のハードルを上げているのは外ならぬ自分。

スイッチを今すぐONにして、さらっと素敵な恋をしましょうぞ。

 

 

ではまた。

 

f:id:mrsvvann:20190301134657j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛スイッチ、入ってますか?(自覚編)

こんにちは。トロント在住4年目、フリーランスフォトグラファー兼カナダ人嫁のゆかばんです。

自己紹介はこちらからどうぞ。

 

 

 

例によって毎週日曜、トロント在住の女性を対象にお茶の会を開いている。

f:id:mrsvvann:20190223061327j:image

先週はよき友、ヨガインストラクターのMarieさんが日本から遊びに来てくれていて、彼女もゲストとして参加してくれた。

この日のテーマはすばり恋愛。かなーり濃度の高い会話が3時間に渡って繰り広げられ、主催者のわたしもいろいろ考えさせられた有意義な日曜日だった。

f:id:mrsvvann:20190223060315j:image

(ロキオ作 自家製苺ジャムのデニッシュ。最近毎週なんか焼いてる。)

 

 

 

 

恋愛について参加者それぞれの考え方を聞いていく中で、こんな声を聞いた。

 

「新しい出会いがあってもいつの間にか仲の良い友だちになっていて、それ以上に発展しない」

 

「男性と一緒にといるときに恋愛ムードにならない。作り方がわからない。」

 

 

 

これ、いろいろ原因はあると思うんだけど。まずは1つ問いたい。

 

 

「そもそも、あなたの恋愛スイッチONになってますか?」

 

今来てるその服ですぐデート行けますか?

 

気づいたら、くちびるかっさかさになってませんか?

 

大勢が集まる場所で、時間がたつとすぐ人より携帯に目がいってないですか?

 

きちんと相手を知るための会話ができていますか?

 

「自分はこんな人だ」と相手に開示できていますか?

 

 

 

相手がどうこうの前にまずは自分を振り返ってみよう。

そもそも恋愛したい!パートナー欲しい!と言ってはみるものの、準備ができていない人は意外と多い。

 

恋愛スイッチとは?はて?

という人は、もう少し高い視点から自分を見てみよう。

 

 

 

自分だったら、自分とデート行きたい???? 

 

 

すぐにYesと言えないのなら、それはなぜだろう?

 

 

 

かくいうわたしも、学生時代は決して恋愛上手ではなかった。

奥手だったし「女子力高める!」って言葉が流行ってた当時も正直何それ?って感じだった。

でもだからこそ、周りのモテ女たちを日々観察し(観察は昔から得意だった)、どうやったらサクッといい恋愛ができるのか?を考えていた。

 

 

 

 

 

恋愛上手な女性たちに共通する特徴。

 

 

 

 

それは彼女たちが

常に恋愛モードONだから。スイッチONだから。

 

 

 

これに尽きる。

 

そして恋愛下手な女子たち(過去のわたし含め)は言う。

 

 

「いつも恋愛モードONとか疲れないですか??」

 

 

違うんです。

モテ女たちは、ONにしてる意識もなく常にONなのです。

当たり前におしゃれをし、当たり前に相手のいいところを褒める。そしていつも笑顔。

 

常にONなので「合コン!」「パーティ!」みたいな明らかな出会いの場以外にも出会う可能性の幅を許しているし、気になる人が現れた時にもチャンスを逃さない。

もしくはON状態の時に無意識的にいろんな人を魅了しているので勝手にチャンスが来る。

 

 

 

だからと言って急に明日から「ハイっ。じゃあONにしてくださ~い」と言われても、

「え?何マツキヨ行って化粧品買ってくればいいの?え?」ってことになるよね(遠い昔のわたし)。わかります。

 

 

 

じゃあ今恋愛スイッチOFFのわたしはどうやってONにすればいいのさ?????

 

 

 

それは次回「恋愛スイッチ入ってますか?(実践編)」に書くことにします。

お楽しみに。

 

 

夫がわたしを人生のパートナーに選んだ5つの理由

こんにちは。ゆかばんです。

自己紹介はこちらから。

 

 

先日日本から親しい友人が遊びに来ていたので、カナダの友人一同を集めてホームパーティを開いた。

十数人で輪を作り、最初はお酒を片手に各々近くの人と言葉を交わしていたのだが、1人がある新婚カップルになれそめを聞いたのをきっかけに、全体の話題はパートナーシップへ。

 

なれそめ話を聞いた後、わたしたちはその新婚カップルのうちの一人に「彼を選んだ理由」を尋ねた。その場にいる全員が聞き入る。

その流れで、他のカップルもそれぞれ相手を選んだ理由を話し始めた。

 

 

 

 わたしの夫ロキオは、そういう照れくさいことを言うのが苦手である。

 

身体的な愛情表現とか「I lone you」のような抽象的な言葉での表現はたくさんするんだけれど、こういう「真剣に妻への愛を述べる」みたいな空気になるとすぐおちゃらけてお茶を濁すのだ。

だから誰かから間接的に聞いたことはあっても、面と向かって「わたしのなにが好きなのか」を言われたことはない。

わたしは彼が愛情を具体的な言葉にするのが苦手なのを知っているから(彼は言葉より行動で示すタイプかもしれない)、それを特に不満に思ったりもしないのだが、他のカップルたちの話を聞いているうちに「ロキオはどう思っているんだろう?」と単純に聞いてみたくなった。

 

2組のカップルがすでに「相手の好きなところ」を述べ、場はほっこりした空気に包まれていた。

 

 

(ここで聞くしかない!!!)

 

 

わたしは思った。

わたしは友人に「ロキオにも同じ質問をしてくれ」と頼んだ。

 

 

質問をされたロキオは、真剣に答えた他2カップルに続くふりをして話を違う方に持っていき、またもや茶を濁そうとしていた。

しかしわたしや他の友人たちの「それ質問の答えになってないよ!」の声や真面目に聞き入る聴衆のプレッシャーに耐えきれず、ついに照れながら話しだした。

 

 

 

 

 

ロキオが、わたしを人生のパートナーに選んだ理由。

ロキオがわたしを好きな理由。

 

 

 

 

彼は友人一同の前でゆっくり話し始めた。

 

 

「まず1つは、自分の情熱を傾けるものに対する彼女の姿勢。」

「それが教育であっても写真であってもデザインであっても、いつも100%を注ごうと努力するところに魅力を感じるし、尊敬しているところでもある。」

 

 

「2つ目は、人をジャッジしないところ。」

「以前付き合っていた女性たちの中には、僕の職業や国のバックグラウンドを下に見る人もいた。でも彼女はいつもそのままの僕と向き合ってくれた。」

 

 

「3つ目。一緒に住み始めた時に、この女性はきちんと生活していく上での責任(家事など)をシェアできる、その能力がある人だと分かった。」

「僕が仕事で疲れている時や家事を頑張った日は、今日はわたしがやるね、と役割を自然と分担してくれた。ずっとこの先一緒にいることを考えたら、これは僕にとってすごく大切なことだった。」

 

 

 

 

ロキオは真剣に話し続けた。

わたしは嬉しいのと恥ずかしいのとで半分にやけた口を隠しながら、周りの友人たち同様、耳を傾ける。部屋の中はしんとして、ロキオの声のだけが響く。

 

 

 

「4つ目は、自分が何かに専念している最中で忙しい時でも、いつも僕のことを気にかけてくれること。」

「風を引いた時、全力で治るようにサポートしてくれたり。付き合い始めた次の日の朝にサンドイッチを作ってくれたことは今でも忘れられない思い出。」

 

 

「そして5つ目は、僕のやりたいことをいつも肯定し支えてくれるところ。」

「だから僕も、彼女のやりたいことは全力でサポートしたいって思う。」

 

 

 

 

 

「そんなとこかなっ。」

ロキオは恥ずかしそうに言った。

早く次の話題いこうよ~照れるから!と顔に書いてある。

 

 

 

わたしは穏やかな瞳で彼を見つめていたと思う。

彼を抱きしめて「ありがとう」と言いたくなった。

愛おしいなぁ、この人のことが大切だなぁ。

って、心底思った。

 

 

そして、ロキオはこんなことを思っていたんだなぁと単純に驚いた。

男性は女性のこんなところを見ているんだなぁ。ふむ。(いつもの観察癖)

 

 

 

 

彼が話し終わったあと、友人の1人に「じゃああなたは、ロキオのどういうところを見て旦那さんに選んだの?」と聞かれた。

この質問ね。本人の前で答えるの照れる。けっこう照れる。

でもロキオもちゃんと言ってくれたから、わたしも伝えよう。

そう思って、わたしも話した。

わたしが彼を選んだ理由は、また別の記事で書きますね。

 

 

 

 

次に言ってくれるのは5年後?10年後だろうか。

 

愛情を言葉で表現するのが下手なロキオが、一生懸命伝えてくれたこと。

 

 

心にそっとしまっておこう。

いつもありがと。これからもよろしくね、ロキオ。

 

 

 

*おしまい*

 

f:id:mrsvvann:20190220160924j:plain