ロキオ観察日記

カナダ人夫との国際結婚ライフ

夫の恋愛論。「今できることをやるだけ」

先日友人が自宅に遊びに来て、夜3人でビールを飲んでいた時のこと。

パートナーシップの育み方の話になり、ロキオが熱く語り始めた。

 

第三者(+お酒)がいる時、彼はときたま熱い話をする。ふたりでいる時はあまり聞けないような「ロキオの〇〇論」が聞けるチャンスなのだ。わたしは身を乗り出した。

 

 

友人は過去の苦い経験から、

「相手が心を開いてくれるかわからない状態で、自分をさらけ出すのが怖い」

「何か問題が起きた時に自分が一生懸命それに向き合おうとしても、相手も同じように真摯に向き合ってくれなかったらどうしよう。それによって積み上げてきた関係が崩れ去ってしまうのが怖い」

と話してくれた。

 

 

 

ロキオは言った。

「誰かを愛するということは、相手の感情や意見を理解しようと努めること

相手が何かに迷っている時は気持ちを聞いてあげること。

自分の道を切り開こうとしている時は、それが何であれ肯定し、全力でサポートすることだ。」

 

 

ロキオはさらに続ける。

過去は変えられない。それは今自分が何をするのかには関係がない。

未来も同じ。今考えてたらればの話をしたって、数か月後数年後の自分がどうなっているかなんて誰にもわからない。

一番大切なのは、今この瞬間、自分にできることをただやること。それだけだ。

 

 

 

 

ロキオはいつになく凛々しい顔をしていた。

「僕は今までお付き合いをしたどんな女性に対しても、自分がその時できるベストを尽くし、彼女を大切にしようと努めた。彼女の家族に差別をされたり、別の子には浮気をされて傷ついたこともあった。でも僕は自分の正しいと思うことをやり続けた。」

 

僕が今思うことは、相手の対応がたとえ自分の望んでいたものでなかったとしても、自分がその時ベストだと思うことをただやる以外に最善はないということ。

そうすることでしか、自分が本当に欲しいものはみつからない。」

 

 

 

 

 

わたしは胸が熱くなった。

彼の今までのわたしに対する言葉や行動の原点を知れた気がした。

そして、この人と一緒にいられて心底幸せだと思った。

 

 

 

 

 

相手がどう反応するか?を待っていてはいけない。

まずは自分から「この人のために自分は何ができるか?」を考えて行動すること。

相手に100%でぶつかっていけば、傷つくこともある。

思い通りにいかないこともたくさんある。

それでも与えつづけること。自分にできることを考えてやりぬくこと。

そうすることでしか、本当に自分の求めているものにはたどり着けない。

 

 

 

 

わたしはこの人のことを一生大切にしようと心に誓った。

そんな夜の話。

 

f:id:mrsvvann:20190205154546j:image